福岡県直方市の女性のための漢方薬局 なかむら薬局漢方サロンお店で相談電話で相談メールで相談
HOME 漢方相談室 お客さまの声 スキンケア 商品紹介 お問合わせ
漢方コラム−2011年分
最新のコラム
2018年分のコラム
2017年分のコラム
2016年分のコラム
2015年分のコラム
2014年分のコラム
2013年分のコラム
2012年分のコラム
2011年分のコラム
2010年分のコラム
2009年分のコラム
2008年分のコラム

 過去のコラム 2017年分

■2017年11・12月号 漢方っておもしろい!我が家の漢方ライフvol.12
■2017年9・10月号 漢方っておもしろい!我が家の漢方ライフvol.11
■2017年7・8月号 漢方っておもしろい!我が家の漢方ライフvol.10
■2017年5・6月号 漢方っておもしろい!我が家の漢方ライフvol.9
■2017年3・4月号 漢方っておもしろい!我が家の漢方ライフvol.8
■2017年1・2月号 漢方っておもしろい!我が家の漢方ライフvol.7

■Kampo-Life Vol.54
  2017年11・12月号

 11月7日は立冬(りっとう)、11月22日は小雪です。暦の上では冬の訪れです。大地から寒気が増してきて、人間や植物全て足元から冷えていきます。寒さに負けないよう温かいものを摂り、ふくらはぎを鍛え、免疫力をアップして残りの2017年を楽しみましょう♪

寛子先生の「漢方っておもしろい!我が家の漢方ライフ」vol.12
 2か月に一度のこのお便り。なんと今年最後になりました!この前、お盆休みだったような気がするのですが、早いですね〜。
次のお便りは2018年の1月。皆様の2017年はいかがでしたでしょうか?
さて、秋もそろそろ終わりになってきました。今からインフルエンザシーズンが始まりますね。今年のワクチンは生産量が昨年を下回るとのことで、医療現場では不足感が出ているとの報道がありました。
ところで、私自身はインフルエンザのワクチンを最後に打ったのは、確か息子がまだ小さくて、インフルエンザの予防接種に小児科にいったところ、「お母さんは打ったの?」と言われ、「いえ、まだです。あ、ついでに打ってください」となった約12,3年前でした(中村薬局でお世話になっている小児科だったもので、、、)。インフルエンザにかかったのも記憶にないくらいですが、息子の授乳中に急に関節が痛くなり高熱が出たことがあったので、もしかしてインフルだったのかもしれませんが、病院にいかず(きつくて行けなかった)、授乳中ですから薬も飲まず、1日で下がったので、インフルではないですかね(笑)。思い出すのはそれくらいです。熱いおっぱいを息子は飲んだのですね(笑)息子も大丈夫でした。

と、いい加減なことを書いてしまいましたが、インフルエンザにしろ、風邪にしろ、鼻やのどの粘膜から侵入します。そのとき粘膜が乾いていたり、イガイガしていたりすると、炎症を起こしやすくウイルスも侵入しやすくなります。そして、疲れて体力が落ちると体の「正気」がウイルスなどの「邪気」に負けます。食事、睡眠の充実がやはり一番大事。そして、「正気」を助けたり「邪気」を予防する漢方薬もありますよ。
元気な体で、2017年を素敵に締めくくりましょう♪





美味しい薬膳で元気になろう!スーパーにある食材で、おうち薬膳のすすめ♪
【第三十七回】免疫力を高めながら、体の冬支度をするための料理
 暦の上では冬になりました。空気はますます乾いてきて、肺が一番疲れるときです。肺は乾燥の邪気でますます弱りますから、咳や喘息がひどくなったり、風邪を引きやすくなったり、喉がイガイガしやすくなったりします。そうならないように、白い食材をとるといいと昔から言われていました。大根、蓮根、蕪、梨、山芋、里芋、百合根、白きくらげ、茄子など今の時期は沢山召し上がって下さいね。喉や鼻の粘膜を強くすることは、風邪のウイルスや菌から体を守ります。粘膜を強くするのは黄色の食材を摂るのがいいですから、カボチャ、サツマイモ、黄色パプリカ、柿、卵黄、ニンジンなど召し上がって下さい。また、寒くなってくると血管が収縮して、硬くなりやすく、また血流も悪くなりがちですので、今からの季節は血管を強くしたり、血流をスムーズにする食材を摂りたいものです。それには、蕎麦や青魚、アーモンドや松の実などのナッツ類がお勧めです。それに、今は新蕎麦が出てくる季節。ちゃんとその時期に美味しいお蕎麦が食べられるという自然のありがたさを感じますね。冬は人間にとっても自然界にとっても、寒く厳しい季節です。動物は冬眠をしますし、冬眠のために食べこみます。本来人間も冬眠できればいいのですが、そうはいかなくてもあまり激しい運動やダイエットなど消耗することはしない方がいいと言われています。特に冬は腎が弱る季節と言われていて、冬に体を冷やしたり、冷たいものをごくごく飲んだり、しっかり体を休めなかったら、足腰がだるくなったり、疲れがとれなかったり、尿のトラブルにつながることにもなります。冬は体を冷やさないよう衣服に注意し、冷たいものを控え、早寝遅起き、そして、黒い食材:黒豆、黒胡麻、黒きくらげ、キノコ類、ゴボウ、海の幸がお勧めです。





リラクゼーションサロンからのお知らせ
  ●10月11月は、2017年締めくくりにふさわしい、モンテプラスキャンペーン!
   初回の方に限らずリピートの方もフェイシャル80分9,000円を7,500円、
   ボディ70分11,000円を9,000円でご利用いただけます♪
  ●火曜日に施術を担当される山口先生はフェイシャル60分6,000円が
   20%OFFの4,800円です!
   体すっきり、お顔もきれいになって、新しい年を迎えましょう★

  ☆モンテプラスフェイシャルとは☆
   フェイシャルはお顔の歪み、たるみ改善を目的とした、美顔プログラム♪
   ヘッドケアで頭から小顔を作ります。
   ボディは全身の歪みや偏ったコリ、たるみを改善し、姿勢から整えていきます。
   いずれも、受けてみないとその良さが分かりません♪ぜひご体験下さい♪


【セルフケア整体好評開催中】
 運動不足、感じる貴女に心よりおすすめのこの整体。
セルフケア整体は、無理なく体をのばし、ゆっくり鍛えていくもの。
普段のばさない筋肉をのばしたり、呼吸をしっかりすることによって、体の新陳代謝もあがります。運動不足解消だけでなく、腰痛や肩こりなど、体のこわばりを感じる方。ぜひ、月に2回、気持ちよく体を動かしてみてください!
第1,3木曜日 参加費1,000円 要予約



今月のプレゼントは、ばんらん茶と飴!インフルエンザの季節の必需品です♪
 これからインフルエンザや風邪が気になるシーズンです。まずは、しっかり食べて、しっかり寝る!が何よりの予防。でも、何か予防にいいものないかしら、の方におすすめがこのばんらんシリーズ。抗ウイルス効果も認められるばんらん茶や飴を喉がイガイガするときにさっと飲んだりなめると効果的なのですよ♪

  ばんらん茶1包64円(税込)
  ばんらん飴12粒388円
  お得サイズもあります♪


トイプードルのモコと猫のミイの成長記録



TOPへ戻る

■Kampo-Life Vol.54
  2017年9・10月号

 9月7日は白露(はくろ)、9月23日は秋分です。暦の上ではすっかり秋の9月。今年の夏も暑かったので、夏の疲れが出る方もいらっしゃるでしょう。季節の変わり目も養生したり漢方の力を借りて体を整えて、これから深まる秋を楽しみたいですね♪

寛子先生の「漢方っておもしろい!我が家の漢方ライフ」vol.11
 9月に入り、急に秋らしい空気を感じるようになりました。空を見上げると入道雲の代わりに、いわし雲やうろこ雲が見られます。今年の夏も暑かったですね!受験生の息子がいる我が家は、家族そろっての旅行はせず、娘と二人で料理教室に参加したり、私と息子以外は日田方面の温泉に行ったりと、それぞれで楽しんだ夏でした。旅行のときにももちろん漢方薬を持っていきますよ♪欠かせないのは、旅行中は食べることを楽しみたいので、消化を助けてくれる「晶三仙(しょうさんせん)」♪これは、サンザシや麦芽や紫蘇などが粉末になっているものですが、食べ過ぎた時はもちろん、普通に食べた時でも食後や寝る前にお湯にとかして飲むと、胃がすっきりする優れものです♪ですので、沢山食べられます(笑)。家族皆、特に胃酸が上がりやすい義母には必要!と思い、春に娘と義母と三人で京都に女子旅した際は「お母さん、どうぞ」と朝、夜お湯に溶いた晶三仙を飲んでもらいました。嫁に遠慮していらっしゃったのかは分かりませんが、旅の道中、むかむかされるような様子はなく、私と娘同様、よく召し上がっていらっしゃったと思います♪夏に私抜きで、主人と娘とで日田の温泉に行ったとき、晶三仙を持たせていなかったせいか、夕食後、胃がむかむかしていたようだと主人に言われ、ああ、やっぱり。。晶三仙を持たせれば良かった。。と後悔したものです。身体は食べたもので出来ます。ですから、やはり胃腸が元気でないと、沢山食べられないし、消化吸収もちゃんとできません。晶三仙だけでなく、特にお肉の脂の消化を助けてくれる胆汁酸代謝物が配合されたガロールもおすすめ♪やっぱり食べると元気♪元気な胃腸を作る応援隊の私たちです♪





美味しい薬膳で元気になろう!スーパーにある食材で、おうち薬膳のすすめ♪
【第三十六回】残暑の疲れをケアし、スムーズに秋を迎える料理
 暦の上では秋ですが、まだ残暑の9月。この季節は残暑の余熱を摂りながら、秋の乾燥に備える食材が必要になります。余熱を摂るのは、胡瓜や冬瓜、苦瓜などの瓜系の食材。身体を冷やす作用があるので、冷え症さんは、生姜やニンニクや少量の唐辛子などをプラスして召し上がると冷え過ぎを予防できます。胡瓜は生だけでなく、スープにしたり、薄くスライスして炒めても美味しいですし、冷え過ぎの予防にもなりますね♪秋は肺が弱る季節と漢方では言われています。肺が弱ると咳が出やすくなったり、鼻水や鼻づまり、皮膚の痒みなども起こりやすくなります。秋は乾燥する季節で、人間の体も乾燥しやすくなるので、潤すことが大事な養生♪食養生では白いものを食べるといいと言われます。なす、梨、大根、カブ、山芋、里芋、蓮根、百合根、白きくらげ、豆腐、牛乳など。特に今が旬の梨は潤しながら余熱をとるので、空咳の予防になりますよ♪寒くなる晩秋や冬の乾燥する時期に喉など肺を潤すことが風邪の予防にもなりますので、今のうちに梨のシロップを作っておきましょう。梨(6個)をスライスして、水(2?)と氷砂糖(約400g)を弱火で2時間ほど煮込み、梨を取り出して残った煮汁を3時間ほどとろとろになるまで煮詰めて、火を止めて粗熱を取った後にはちみつ(大さじ6)を加えて混ぜます。冷蔵庫に保存して、お出かけ前や帰宅後にシロップをお湯割りして飲むと、風邪の予防になると言われていますよ♪取り出した梨はもちろん召し上がってくださいね♪薬膳といっても、美味しくないと続きませんし、楽しくないですね。季節のものを食べることが一番基本で大事なこと。秋は白い食材で潤いを補い、温かいものを食べて胃腸を元気にして、寒い冬への準備もしておきましょう♪





リラクゼーションサロンからのお知らせ
  ●9月10月は、火曜日に施術を担当される山口先生の「初めましてキャンペーン」
   として、火曜日の施術を全て10%OFFでご利用できます♪♪
  ●モンテプラスフェイシャルは、初回の方に限り80分9,000円を7,500円で
   いつでも体験できるようになりました♪

  ☆モンテプラスフェイシャルとは☆
   お顔の歪み、たるみ改善を目的とした、美顔プログラム♪
   ヘッドケアで頭から小顔を作ります。
   また、くすみを改善、継続する事で若々しいお顔をキープできるようになります。
    クレンジング→洗顔→ヘッド→フェイシャル→デコルテ→パック→お仕上げ
    80分9,000円を、キャンペーン価格の7,500円!この機会にぜひお試しください♪


【セルフケア整体好評開催中】
 運動不足、感じる貴女に心よりおすすめのこの整体。
セルフケア整体は、無理なく体をのばし、ゆっくり鍛えていくもの。
普段のばさない筋肉をのばしたり、呼吸をしっかりすることによって、体の新陳代謝もあがります。運動不足解消だけでなく、腰痛や肩こりなど、体のこわばりを感じる方。ぜひ、月に2回、気持ちよく体を動かしてみてください!
第1,3木曜日 参加費1,000円 要予約



今月のプレゼントもやっぱり晶三仙! 美味しく食べられる胃腸づくり♪
 冷たいものを食べたり飲んだりした夏。なんとなく胃がすっきりしない、とか、もたれる、とか、疲れるとか、感じる方もそうでない方も。
晶三仙で、胃腸がすっきり、すると美味しく食べられて、さらに元気になるんですよ♪甘酸っぱい味は後味爽やか。ぜひお試し下さい。

  晶三仙1包64円(税込)




トイプードルのモコと猫のミイの成長記録



TOPへ戻る

■Kampo-Life Vol.54
  2017年7・8月号

 7月7日は小暑。暑さが本格的になるころで、そろそろ梅雨明けの時期です。小暑と7月23日からの大暑の一か月間は暑中で暑中見舞いはこの期間内に送ります。気温も上がりつづけ、今年はスーパー猛暑と言われるので、夏の養生をしっかりしましょう。

寛子先生の「漢方っておもしろい!我が家の漢方ライフ」vol.10
 7月に入り、今年も半分が過ぎました!と、前回と同じような始まりですが、移りゆく季節に、その時々の「気」を感じながら、昔の人はどう過ごしたのだろうと思いをはせる私です。
ところで、6月も政治家がらみのいろんなニュースがありましたね。私たちはブログを書いているのですが、アクセスが多い記事がありました。それは、、、ある女性議員さんのことを書いたブログでした。その暴言などで問題になった議員さんの行動を批判するとか擁護するとかを書いたものではなく、彼女は年齢的にも「更年期」で、中医学的にみると、感情的に火がついてしまう「肝火上炎(かんかじょうえん)」という症状ですね、と体質チェックをしたものでした。普段ストレスにさらされると、肝という臓器がいっぱいいっぱいになって、イライラしたり、逆に落ち込んだり、精神的に不安定になることがあります。イライラタイプで、そのストレスがどんどんたまって、さらに追い打ちをかけられるようなことがあると、「きーーーーーーっ!!!」となる。その出方は人それぞれで、発する言葉もそれぞれでしょうが、あの議員さんはあのような言動になってしまい、大きな問題になってしまいました。更年期で、エストロゲンという女性ホルモンが減少するわけですが、エストロゲンは自律神経、感情の動きや脳の働きを整える働きがあります。ですから、更年期に精神が安定しないのは仕方がないですね。でもやはり、言葉や行動には気を付けたいものです。
女性はホルモンの影響で、頭痛、肩こり、イライラ、不眠、のぼせ、動悸、不安感、疲れやすいなど様々な症状があります。どうしても避けられないホルモンバランスの変化。漢方養生も取り入れて、乗り切りたいですね♪





美味しい薬膳で元気になろう!スーパーにある食材で、おうち薬膳のすすめ♪
【第三十五回】紫外線にまけず、熱をこもらせない真夏の体調管理のお料理
 梅雨明けが近く、一年で最も暑くなる時期です。まだ湿気も多いので、だるさやむくみ、重たい頭痛などが起こりやすいです。身体の余分な湿気や熱を外に出すには、きゅうりやスイカなどの瓜系の食べ物を摂りましょう。トマトや小豆、緑豆などもいいですね。ただ、これらの食材は体を冷ましてくれる働きがあるので、冷え症さんや、エアコンがよく効いた室内や夜に召し上がるときは、体を冷やし過ぎないように、火を通した調理法にしたり、にんにく、生姜、葱などの薬味を一緒に摂られるといいですよ。サラダとして召し上がったら、温かい汁物やスープを添えたり、食後に温かいお茶をお飲みになられてくださいね。夏は心臓に負担がかかる季節と言われていて、動悸や息切れ、血圧の不安定、不眠やイライラなども起きやすいと言われます。薬膳で心臓によい食べ物は、赤いものや苦いものと言われています。赤いものは、ナツメやクコの実、トマト、赤ピーマン、赤味のお肉など。ナツメやクコの実は薬局でも販売しています♪苦いものは、苦瓜、緑茶、ピーマン、コーヒーなど。苦味のあるものは心臓の働きすぎを抑えてくれて、解熱や解毒をしてくれると言われます。夏に旬なものが多いですね♪旬なものは毎日食べて大丈夫なものばかりです。今からますます汗をかくようになりますね。汗をかくと、体力を消耗しますし、胃や膵臓の働きも落ちて消化力が落ちます。胃や膵臓によい食べ物は山芋。山芋は腎にも良く、精をつける食材ですので、疲れにもいいですね。また、かぼ ちゃも体力増進や美肌、そして粘膜強化にもよい食材ですので、喉が痛くなりやすいこの時期に摂るとよい食材です。ビタミンC豊富な柑橘類やジャガイモも紫外線でダメージを受けるお肌によい食材ですのでタンパク質と一緒に摂りましょうね♪





リラクゼーションサロンの7・8月キャンペーンは、
  新しいフェイシャルプログラムのモンテプラスです!
  お一人様一回限りで80分9,000円を7,500円で体験できる、
  スペシャルな企画です♪

  ☆モンテプラス フェイシャルとは☆
   お顔の歪み、たるみ改善を目的とした、美顔プログラム♪
   ヘッドケアで頭から小顔を作ります。
   また、くすみを改善、継続する事で若々しいお顔をキープできるようになります。
    クレンジング→洗顔→ヘッド→フェイシャル→デコルテ→パック→お仕上げ
    80分9,000円を、キャンペーン価格の7,500円!この機会にぜひお試しください♪


【セルフケア整体好評開催中】
 運動不足、感じる貴女に心よりおすすめのこの整体。
セルフケア整体は、無理なく体をのばし、ゆっくり鍛えていくもの。
普段のばさない筋肉をのばしたり、呼吸をしっかりすることによって、体の新陳代謝もあがります。運動不足解消だけでなく、腰痛や肩こりなど、体のこわばりを感じる方。ぜひ、月に2回、気持ちよく体を動かしてみてください!
第1,3木曜日 参加費1,000円 要予約



今月のプレゼントもまたまた晶三仙! 夏の胃袋を元気にします♪
 暑くて汗をたくさんかくと、体は疲れ、食欲もおちがちです。夏こそしっかり食べて元気でいたいもの。
晶三仙は食欲不振にもいいお茶です。食欲がない時に一包、食べた後もたれるときに一包、甘酸っぱい味は後味すっきり。ぜひお試し下さい。
晶三仙1包64円(税込)




トイプードルのモコと猫のミイの成長記録



TOPへ戻る

■Kampo-Life Vol.53
  2017年5・6月号

 5月5日は立夏。暦の上ではもう夏になりました。急に気温が上がる日もあれば、肌寒い日もあるのがこのころ。羽織ものは一枚忘れずに。そして、汗をかく準備ができていないので、緑茶を飲んで熱を冷ましましょう。緑のきれいな季節到来です♪

寛子先生の「漢方っておもしろい!我が家の漢方ライフ」vol.9

 あっという間に今年も三分の一が過ぎました。早い早い。
そうこうしていると自分もまた一つ年をとります。3月が誕生日の私は、同級生の中ではちょっぴり得をした気分になりますが、40代後半にもなると、同級生だろうが先輩だろうが後輩だろうが、「健康が一番」だと思ってしまいます。若くても、何かしらいつも体調がすぐれず、やる気がでない、眠れないなどが続くと、仕事にもいけないなんてことになりかねません。逆に年齢を重ねていても、運動ができたり、食事を美味しく食べることができたり、働くことも苦にならないという方は生き生きとされていらっしゃいます。健康であればいろんなことが出来るし、働くこともできる。働けば収入にもなるし、生活もゆとりができるかもしれない。いろんな状況で働くことができなくても、健康であればその時にしなくてはいけないことができる(育児や介護なども、自分が動くことができなければ大変ですね)。
平成25年の平均寿命は男性80.21才、女性86.61才。
健康上の問題がない健康寿命は男性71.19才、女性74.21才。
この差から男性は9年、女性は12年も健康でない状態(要介護や寝たきりなど)があるということです。9年、12年って、、、長い!!ですよね。人はいつ何があるか分かりません。事故やけがなどで介護や寝たきりになることもあります。でも幸いそのようなことに合わないで済むならば、最後までぴんぴん、そしてコロリで一生を終えたいなというのが私の願いです。
そのために漢方の養生がとってもお役に立つと信じて、私も勉強して、皆様にお伝えし続けられたらと思います♪
中医学セミナーでは季節の養生と思いつきのテーマでお話ししています♪
ご一緒にいかがですか♪




美味しい薬膳で元気になろう!スーパーにある食材で、おうち薬膳のすすめ♪
【第三十四回】疲れた肝臓をいたわり、初夏の紫外線から肌を守るお料理♪
 春は肝臓に負担がかかる季節と言われています。2〜4月の春の間に、私たちの肝臓は一年のうちで一番疲れました。5月はその疲れ切った肝臓が少しずつ元気になっていく時期です。まだまだ回復していないので、5月も肝臓に良いものを沢山召し上がるといいそうですよ。
肝臓に栄養を与えて元気にするのはタンパク質です。肉、魚、卵、大豆製品は沢山食べましょう。また胃が疲れている時期でもありますので、胃に優しいお肉は鶏肉が一番です。鶏肉を皮つきのままスープに利用すると、スープにコラーゲンが含まれるのでおすすめです。また、動物性のタンパク質(肉、魚、卵)と植物性のタンパク質(大豆や大豆からできた豆腐、納豆などの加工品)を1:1くらいの割合で召し上がるといいそうです。
お酒はほどほどに。お酒を楽しまれる場合は、特にタンパク質のおつまみを召し上がってくださいね。また、緑のお野菜は肝臓の働きを助けてくれます。アスパラ、インゲン、空豆、春菊、韮など、スーパーで緑のお野菜見たら買って、食べてくださいね。
5月5日は立夏です。暦の上ではいよいよ夏ですね。紫外線もますます強くなってきて、お肌もダメージを受けやすくなります。春は酸味を控えるといいと昔から言われているのですが、夏は酸味を摂ると血行も良くなり疲れもとれていいと言われます。また酸味の一つであるビタミンCはメラニン色素の生成を抑え、日焼け後のシミの沈着や炎症を抑えますし、肌のハリを維持するコラーゲンの合成を増やしてハリと弾力を取り戻すと言われます。ビタミンCはピーマンやレモンや芽キャベツに多く、またコラーゲンたっぷりの鶏手羽と一緒に食べると、シミとシワ対策に最高です。あと、夏は赤いものを食べるといいと言われますので、クコや赤パプリカ、トマトなどもぜひ。





5、6月のキャンペーンは、好評につき
フェイシャル90分12,000円が半額の6,000円が続きます!!
今回は特にヘッドの経絡マッサージが入り、ストレスが飛んで行ってしまう
気持ちよさを体験できます♪



【温灸カッサ講座と中医アロマ講座開講中♪】
5月のテーマ「梅雨を快適にすごす」、6月のテーマ「むくみ、夏冷え対策」
場所:なかむら薬局2階セミナールーム

温灸カッサ講座:毎月第2木曜日10時〜11時30分 参加費2,000円
 ツボや経絡を刺激して、身体のコリや滞りを流しスッキリさせるカッサ。そんなカッサの使い方を学べるレッスンです。
中医アロマ講座:毎月第4木曜日10時〜11時30分 参加費2,500円
 西洋のアロマテラピーと中医学の陰陽五行論を組み合わせた予防医学である経絡トリートメントです。自身の体質にあったオイルによるトリートメントで健康な体作りを目指します。ブレンドオイル30mlのお土産つき。



【セルフケア整体好評開催中】
 運動不足、感じる貴女に心よりおすすめのこの整体。
セルフケア整体は、無理なく体をのばし、ゆっくり鍛えていくもの。
普段のばさない筋肉をのばしたり、呼吸をしっかりすることによって、体の新陳代謝もあがります。運動不足解消だけでなく、腰痛や肩こりなど、体のこわばりを感じる方。ぜひ、月に2回、気持ちよく体を動かしてみてください!
第1,3木曜日 参加費1,000円 要予約



今月のプレゼントも晶三仙! スタッフもお客様もファン多し♪
 胃の調子が良ければ、いつの間にか体も調子がいいみたい、というのは本当です。私もこのお茶が大好きで、食後に飲むとそのあとも胃がすっきりするのがわかります。
旅行のときも晶三仙のおかげで美味しく食べられるし、体重も増えてなかった私♪甘酸っぱい味は後味すっきり。
ぜひお試し下さい。
晶三仙1包64円(税込)




トイプードルのモコと猫のミイの成長記録



TOPへ戻る

■Kampo-Life Vol.53
  2017年3・4月号

 春一番も吹き、いよいよ春がやってきました。3月5日は啓蟄、土の中にいた虫たちが地上に出てくる頃。植物たちも次々と芽吹いてきます。人間も陽気が体にめぐり始めるころ。春野菜を上手に摂りいれて解毒もしっかり。わくわくの春になりますように!

寛子先生の「漢方っておもしろい!我が家の漢方ライフ」vol.8
 3月になりました。花粉が飛び始め、くしゃみ、鼻水、目の痒みなどが始まった方も増えてきました。我が家は中2の息子だけがアレルギー持ち。この季節になると、朝起きてくるときに鼻をぐすぐすいわせて、くしゃみが連発。ぶーっと鼻をかむ。「冷たいものは飲んじゃだめよ。胃に負担がかかって水っぽい鼻水がでるんだから!早く寝ないと免疫力おちるよ。」と小学生のころから言い続けています。最近は温かいお茶をわりと好んで飲むときもあり、前よりはいいかなと思いますが、夜に頂いたペットボトルの緑茶を1本ごくごく飲み干したりするので(運動もしないのに)、胃腸がぽちゃぽちゃするだろうなと横眼でみています。言っても聞かないから、症状があるときは「衛益顆粒(えいえきかりゅう)」という漢方薬を飲ませます。衛益顆粒は、肺と脾の機能を高める漢方薬で、余分な水分の代謝もしてくれるので、ぐしゅぐしゅ鼻水がでるような症状にもよいですし、気も補うので免疫力も高めると言われます。息子は2月28日から学校の合宿で京都に3泊4日で行ったのですが、行く前に「衛益顆粒、持っていく」と言いました。やっぱり飲むといいんだね、、、とちょっと嬉しくなって、3日分持たせました。酔い止めもうちは半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)と晶三仙(しょうさんせん)を持たせ、「なんそれ?」と友達から言われているかもしれません 笑
息子のアレルギーももっと軽くなるといいのですが、緑の野菜も沢山、バランスよく食べさせ、冷たいものを控えさせ、「はよ寝りー!」と言い、将来「口うるさい母親だったが、お陰で体質改善できた」と言ってもらえるのが夢です。
子がお腹にいるころの母親の毒を「胎毒」と漢方でもいい、私も反省すること沢山。でも、くよくよせず、これからを大事にします♪




美味しい薬膳で元気になろう!スーパーにある食材で、おうち薬膳のすすめ♪
【第三十三回】乾いた肌を潤し、春に向けて解毒をするお料理♪
 暦の上ではすっかり春ですが、まだ寒さも残るこの季節。冬の空気で乾き気味のお肌は内側から潤すことが大切です。コラーゲンたっぷりの鶏手羽はおすすめ。胃腸の疲れが気になる今の季節ですが、鶏肉は動物性たんぱく質の中でも胃腸に負担の少ない食材です。他に牛スジ、レバー、鶏軟骨、モツなどもコラーゲン豊富です。魚も身と皮の間にコラーゲンが多いので、皮も一緒に召し上がるのがおすすめです。また、白きくらげ、黒きくらげともに薬膳では潤いを与える食材。きくらげは柔らかくなるまで1~3時間ほどゆでるととても食べやすくなります。コラーゲンとともに食べると良いのがビタミンCです。ビタミンCはレモンなどのかんきつ類や苺、野菜では芽キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーなどにも多く含まれます。コラーゲンは肌だけでなく、血管や骨にも欠かせない成分です。特に寒暖の差がある時期は血管に負担がかかりやすく、血圧なども乱れやすいため、頭痛やめまいの原因にもなりますし、心臓や頭に影響があると怖いことに。季節に必要な食材を日頃から摂っていくことはとても大切なことですね。また、春になると気温が上昇し、体の中のめぐりも良くなります。熱がこもりやすくなるので、肌の痒みや炎症、頭痛やのぼせ、目の痒み、めまい、頭がぼーっとするなども起きやすくなります。それを予防、対処するためには、緑のものを食べて肝臓の解毒を助けてあげることが大切です。ニラは起陽草とも言われ、体を温める働きがありますし、気血のめぐりをよくします。紫蘇やセリは抗アレルギー作用もあり、特に花粉症などの方にはおすすめです。セロリやセリ、春菊は余分な熱を冷まし、イライラや不眠などにもよいものです。旬のもの、美味しいときに沢山食べて元気に過ごしましょうね♪





3、4月のキャンペーンは、フェイシャル90分12,000円がなんと半額の6,000円です!!
デコルテからヘッドマッサージまでついたフェイシャルで
新しい年度を気持ちよく始めましょう(*^_^*)♪



【温灸カッサ講座と中医アロマ講座開講中♪】
3月のテーマ「むくみ」、4月のテーマ「肩こり」
各月、テーマがあります 場所:なかむら薬局2階セミナールーム

温灸カッサ講座:毎月第2木曜日10時〜11時30分 参加費2,000円
 ツボや経絡を刺激して、身体のコリや滞りを流しスッキリさせるカッサ。そんなカッサの使い方を学べるレッスンです。
中医アロマ講座:毎月第4木曜日10時〜11時30分 参加費2,500円
 西洋のアロマテラピーと中医学の陰陽五行論を組み合わせた予防医学である経絡トリートメントです。自身の体質にあったオイルによるトリートメントで健康な体作りを目指します。ブレンドオイル30mlのお土産つき。



今月のプレゼントは晶三仙! 胃をすっきりさせる人気のお茶です♪
 冬から春への季節の変わり目は胃袋がお疲れぎみ。なんとなく胃が重たい、胃がすっきりしない、食べた後消化できていない、なんてお悩みの方、結構いらっしゃるのですよね。ご飯や麺類、お肉や脂の消化を助ける晶三仙。甘酸っぱい味は後味すっきり、胃もすっきり!ぜひお試し下さい。
晶三仙1包64円(税込)




トイプードルのモコと猫のミイの成長記録



TOPへ戻る

■Kampo-Life Vol.53
  2017年1・2月号

 あけましておめでとうございます!2017年が皆様にとって幸多い一年になりますよう、心よりお祈りいたします。1月5日は小寒、1月20日は大寒です。温かなお正月でしたが、寒さはこれからが本番です。漢方養生で、寒い冬を乗り切りましょう。

寛子先生の「漢方っておもしろい!我が家の漢方ライフ」vol.7
 2017年、穏やかに年があけました。あけましておめでとうございます!皆様、どんなお正月をお過ごしになられたでしょうか?我が家は30日には薬局の2階にある神棚をお掃除して、新しいお札をお納めいたしました。31日は年賀状を作り、夜は家族と共に義母の家で紅白歌合戦から行く年くる年を。元旦も義母の家でお雑煮やおせちなどを頂きました。おせちのお料理には一年健やかに過ごせるようにとか、豊に過ごせるようになど、それぞれ意味があり、数の子はニシンの子ですが、二親(ニシン)から多くの子がでるのでめでたいという意味だそうです。黒豆は元気に働けますように。昆布巻きは健康長寿を。田作りは五穀豊穣。栗きんとんは豊かさと勝負運を願って、など。やはり日本の伝統っていいなあとつくづく思います。ところで、年末年始の食べ過ぎ飲み過ぎで胃腸がお疲れではないでしょうか。1月7日は五節句の一つ「人日の節句」で、七草粥を食べて邪気を祓い、一年の無病息災と五穀豊穣を祈ります。身体にこもった熱をとるセリや、胃腸の働きをよくするスズナ・スズシロなど、やはり今の時期に食べると良いものが入っていますね。私もしっかり食べて、この一年の健康を願いたいと思います。
胃腸がキーワードな感じになってきましたが、五日市の日に明治町商店街の中で行われる健康講座で直方病院の田中先生が毎月お話をされます。1月はノロウイルス感染性胃腸炎についてでした。田中先生のお話のあと、スガムラ薬局の西坂先生と私とで薬剤師からのちょっとしたお話をさせて頂いていますが、私は漢方劇場と題してその季節の養生などをお伝えしています。 よかったら覗いてくださいね(^^)




美味しい薬膳で元気になろう!スーパーにある食材で、おうち薬膳のすすめ♪
【第三十二回】お正月太り解消と免疫力アップのお料理♪
 年末年始はおご馳走を食べて太ってしまった!なんて方もいらっしゃるのでは。薬膳で代謝を上げるのはやはり体を温める食材。羊肉、乳製品、ねぎ、生姜、にんにく、雑穀、にらなどがいいそうです。羊肉は北京では冬に必ず召し上がるそうですが日本ではなかなか普段に食べませんね。代わりに他のお肉でも良いですが、必ずねぎ、生姜、にんにくなどの薬味と一緒に食べましょう。また、脂身の多いお肉の代わりにおすすめなのが高野豆腐。高野豆腐は良質なタンパク質で、脂肪の燃焼や糖質の代謝を助けるアミノ酸が多く含まれています。植物油で揚げるとコクがあるのにしつこくないので煮物にするときなどもお勧めですよ。また鉄分の多いものも良い血が増えて体が温まります。レバーやほうれん草、ナッツ類など。スープや鍋にはこれらの食材を使い、牛乳を入れて。また、たれやトッピングにナッツを使ってもいいですね。1月から2月は一番寒さや乾燥が厳しい時。乳製品は肌や体を潤す働きがあるので、美容にもよく、特に乾燥する今の季節には必要です。咽や鼻が乾燥すると喉がイガイガしやすくなり、咳がでます。まだまだ肺を潤す白い食材(大根、蓮根、里芋、山芋、百合根、白きくらげなど)と粘膜を強くする黄色の食材(かぼちゃ、さつまいも、黄色パプリカ、ニンジン、黄身、あわ、栗など)をしっかり食べましょう。冬は腎が弱る季節ですから、腎に良い黒の食材も食べるようにしましょう。黒きくらげ、黒胡麻、キノコ類、ごぼうなど。そして、花粉症が気になる方々は今から養生開始です。紫蘇は肺と胃腸の機能を上げるので、鼻水対策に。セリや春菊は鼻づまりや目の痒みが気になる方におすすめです。今から毎日食べて来る春に備えましょう!効果ありますよ〜!





2017年最初のキャンペーンは、温灸カッサ60分4,500円をサンキュー価格の3,900円で!
今年を気持ちよく過ごすためのボディメンテナンス、
この機会をぜひご利用くださいませ(*^_^*)♪



【温灸カッサ講座と中医アロマ講座が始まります〜♪】
各月、テーマがあります 場所:なかむら薬局2階セミナールーム

温灸カッサ講座:毎月第2木曜日10時〜11時30分 参加費2,000円
 ツボや経絡を刺激して、身体のコリや滞りを流しスッキリさせるカッサ。そんなカッサの使い方を学べるレッスンです。
中医アロマ講座:毎月第4木曜日10時〜11時30分 参加費2,500円
 西洋のアロマテラピーと中医学の陰陽五行論を組み合わせた予防医学である経絡トリートメントです。自身の体質にあったオイルによるトリートメントで健康な体作りを目指します。ブレンドオイル30mlのお土産つき。



今月もプレゼントはばんらん飴とお茶! 風邪の予防に持っておくと安心セット。
 風邪やインフルエンザのシーズンになってきました。ばんらん飴とばんらん飴の成分は、清熱解毒という働きから喉がイガイガするときに飲んだりなめたりすると、炎症がとれすっきり。抗菌作用や抗ウイルス効果もあり、風邪の予防のために中国では冬の必需品です。風邪は早めの対処が肝心。ぜひお試し下さい。
ばんらん茶20包1,944円(税込)
ばんらん飴12粒 388円(税込) お得サイズもあります♪




トイプードルのモコと猫のミイの成長記録



TOPへ戻る

COPYRIGHT(C) なかむら薬局 ALL RIGHTS RESERVED.